うさん臭さこそマゾヒズム

戦後最高のSM奇書「家畜人ヤプー」の覆面作家と名指しされた 東京高裁 倉田判事の空しい反論:週刊文春(昭和57年 10月14日号)

戦後最高のSM奇書「家畜人ヤプー」の覆面作家と名指しされた 東京高裁 倉田判事の空しい反論:週刊文春(昭和57年 10月14日号)

さて、ながらく沼正三の代理人と称し、今回、「私こそ沼です」と宣言した天野哲夫氏の読後感はどんなものだったのか。

“もう一人の沼正三”の声は、落ち着いたものだった。

「作者が誰だか分らないうさん臭さこそ、マゾヒズムというもの。それで私は今まで黙っていたわけです。私は沼正三という人物は、架空でいいと思っているんですよ。あの小説は書き人知らずでよかったんです。

確かに、あの小説は、私一人の知識でできるものではありません。お医者さんとか、色々な人から取材し、アドバイスを受けています。倉田さんとは昔からの知り合いで、大変に知恵を借りましたよ。しかし最終的に原稿を書いたのは私なんです。

この原稿を見て下さい」

と、『ヤプー』第一章からの自筆原稿をひろげて下さった。

天野氏の勤務する出版社名入りの古びた原稿用紙に書かれた文字は、まぎれもなく天野氏の筆跡。

が、それはさておき、倉田判事は「関係ありません!」と絶叫なさったけれど、天野氏は彼を”協力者”だというのだ。

「大変お世話になったので、印税をお分けしようかと言ったこともあるのですが、倉田さんは、

『いや、そんな必要はない。いっさい君のものだ』

と言って受け取りませんでした。印税は私がすべてもらっています」

いよいよ、わからなくなる。天野氏の証言、森下氏のレポートにともども嘘がないのだとすれば、協力者までが「沼正三」をひそかに名のっていたことになる。ひょっとして複数の協力者が各自、勝手に『ヤプー』の著者として、同好の士と交遊を持っているのではないか・・・・・・。

ところで、飯田市の原政信氏は、現在も健在で、森下氏から届いた手紙の件を記憶している。

「沼正三」から森下氏宛の手紙、その一部は森下氏によって『諸君!』誌上に公開されているのだが、それに未出のものを添えて、以下に紹介しておこう。

はたして、一介の”協力者”が書き得た内容かどうか。

<(『奇譚クラブ』の)ヤプー第二回、お気に召したとすれば幸ですが、唇人形(ラブラム)labrum の記述その他色々削られたため卒読では意味不明の箇所あり、それで「沼正三だより」の中で一寸断っておきました。

第三回(次号)は人間便器 stooler 妄想をめぐる記述ばかりで、ごく一部の人にしか受けますまい、貴兄も次号にはヒンシュクされるかも知れず。

第四回(三月号)は空飛ぶ円盤の母船なる空飛ぶ円筒に舞台がうつり、(略)>

<家面人ヤプーの稿の第三回をやっと書き上げて吉田氏宛送ろうというところへ、貴書到着。それで篇中の過去の一人物にドレイバアの名をつけて直し、それを送付しました。(略)>

<例のドレイバア氏ですが、ドリスというポーリーンの妹でなく、直接クララという女主人公の恋人にしたいと思います。(略)>

手紙に出てきたドリスという名は、森下氏の姻戚にあたる英国女性の名であり、森下氏から彼女のことを聞いて興味を持った「沼氏」は、森下氏に次のようなドリス宛の手紙まで託してもいる。

<ドリス・クヮドリ様

私はヌマと申します。昔のローマ王の名ですが、あなたはどうぞ犬の名として記憶して下さい。森下様のお話では、あなたは飼犬を鞭で責めて殺しておしまいになったとのこと。私もあなたのお手で鞭たれたいと思います。(略)しかし、殺されてはたまりません。そこで、鞭を許していただけるよう、犬の私はあなたの足をなめます。裸の御足の先を口の中に入れて吸います。どんなに汗でよごれていても平気です。私はいやしい犬なのですから。(略)>

・・・次号更新に続く