東大同窓生異次元超人類対談(康芳夫×堀江貴文)

———-

2014 . 12 . 26 発行 NO:0005

東大同窓生異次元超人類対談(康芳夫×堀江貴文)

康芳夫=ノンフィクション(荒木飛呂彦,吉田豪,安部譲二)

連載「沼正三」をめぐる謎・・・

全地球を睥睨(へいげい)するスフィンクス『康芳夫』メールマガジン

そして『家畜人ヤプー』通信

毎月 第2金曜日・第4金曜日(祝祭日・年末年始を除く)発行

———- http://yapou.club/ ———-

◆目次

1. 小生近況

2.東大同窓生異次元超人類対談(康芳夫×堀江貴文)

3. 康芳夫=ノンフィクション(荒木飛呂彦,吉田豪,安部譲二)

4.虚業家宣言(連載第3回)

5.『家畜人ヤプー』通信

6. 編集後記

2.東大同窓生異次元超人類対談(康芳夫×堀江貴文)より一部抜粋

---康さんは”ヒトクローン計画”に関わられているとか。

康 クローンに関しては、法律的なことがまだ整備されてないんであんまり具

体的なことはいえないんだけどね。それがまったく合法的な国っていくつかあ

るんですよ。マッドサイエンスとマッドキャピタリズ厶の連鎖反応という意味

では金儲けにつながっているんだけど、それを超えてもっととてつもないロマ

ンがある気がして。堀江君はクローンに対してどういうお考えを持っていますか?

堀 クローニングそのものよりも、もっと実現性が高い過渡的なニーズとして、

万能細胞を使って脳細胞の修復をしたり、心臓を20~30個も作ったりとか、

そういう技術に興味があります。

康 具体的で、よくわかります。

掘 心臓がたくさんあれば、1個壊れても平気でしょう?あれはただのポンプ

で体の中で協調して動いていればいいわけで、協調は別にコンピュー夕ー回路

でできるわけだし。”長生きプロジェクト”っていうのがあって、それは宇宙

開発と不可分なんですよ。

康 ああ、そうだなあ、うん。

堀 さらに僕は、五感を通してのイン夕ーフェースだけじゃなく、脳と直接結

びつけるワイヤレスのイン夕ーフェースを作りたいんです。映画の『マトリッ

クス』とか 『マルコビッチの穴』を観るとわかるんですけど、宇宙にはもの

すごい集合的な知的生命体が実はいろんなところにいるのかな、みたいな。不

老不死とか、それこそ宇宙的なものになったら時間の概念すらないわけで。

康 彼は非常に重要なことを言っていて、時問の概念や宇宙の広さは人間が

本来考えるべきことじゃないんです。

堀 脳っていうのはけっこう柔軟性があって、何もなかったところに刺激を送

ってやると、突如回路ができてくる”ダイレクト・コミュニケーション野”み

たいなものがあったとして、そこを無線通信で結びつけ合うとものすごいスピ

ードで考えていることを伝えられる。そんな”スーパー人類”みたいなものが

出てきたらロすらも退化するかもしれない。

康 機能が変化するってことだよね。今、宇宙とかクローンの問題から発展し

たんだけど、堀江君はおそらく今の宇宙理論物理学者や生物学者よりよっぽど

先をいっている。僕はそもそも時間とか空間の広さを人間が考えたこと自体が

とんでもないことだと思ってるんですよ。アインシュタインも最後は行き詰ま

っちゃって、結局、宗教家になっちゃいましたね。

続きは・・・2014.12.26 配信メルマガにて

http://www.mag2.com/m/0001642004.html