【家畜人ヤプー 沼正三 一九七◯年】定本:都市出版社

———-

2015.1.23発行 NO:0007

『ノアの方舟』発掘計画:康芳夫=ノンフィクション(安部譲二)

一九七◯年 三島由紀夫

戦後の日本人が書いた観念小説としては

絶頂だろう・・・『家畜人ヤプー』掲載開始!!

伝説の雑誌『血と薔薇』アーカイブス

全地球を睥睨(へいげい)するスフィンクス

『康芳夫』メールマガジン

そして『家畜人ヤプー』通信

毎月 第2金曜日・第4金曜日(祝祭日・年末年始を除く)発行

———- http://yapou.club/

【目次】

1.小生近況

2.康芳夫版「噂の真相」

3.伝説の雑誌『血と薔薇』アーカイブス(2)

4. 康芳夫=ノンフィクション(安部譲二)

5.虚業家宣言(5)

6.『家畜人ヤプー』通信

7.編集後記

【本文抜粋】

家畜人ヤプー http://goo.gl/6mbXy wikipedia

昭和四十四年

『ぜひ、あれを見つけ給え。あれこそは戦後最大の傑作だよ。

マゾヒズムの極致を描いたまったく恐ろしい小説だ。

出版する価値のある本だ』

そう三島由紀夫は小生に熱を込めて

家畜人ヤプーの内容を語りつづけた。

◆一九七◯年 三島由紀夫氏(『潮』七月号より)

戦後の日本人が書いた観念小説としては絶頂だろう

・・・・・・・・・
この小説で感心するのは、前提が一つ与えられたら

世界は変わるんだ

ということを証明している。

普通にいわれるマゾヒズムというのは、

屈辱が快楽だ

という前提が一つ与えられたら、

そこから何かがすべり出す。

すべり出したら、それが全世界を被う体系になっちゃう。

そして、その理論体系に誰も抵抗できなってしまう。

もう政治も経済も文学も道徳も、みんなそれに包み込まれちゃう。

そのおそろしさをある小説は書いているんだよ

◆二◯一五年

小説(幻冬舎アウトロー文庫)

家畜人ヤプー1巻~5巻

http://goo.gl/lwQBIC (幻冬舎HP:家畜人ヤプーページ)

劇画(辰巳出版)

石ノ森章太郎らが描いた「家畜人ヤプー」全4巻が電子書籍に

http://natalie.mu/comic/news/113442

◆家畜人ヤプー初版より

【家畜人ヤプー 沼正三 一九七◯年】定本:都市出版社

その時魔女(キルヶ)は杖あげて

われを打ちつつ叫びいふ

「いざ今汝獣欄(獣の檻)に

行きて他と共そこに臥せ」

ホメーロス『オデュッセーア』

(土井晩翠訳)

第一章 発端

1 家畜調教問答

続きは・・・2015.1.23 配信メルマガにて

http://www.mag2.com/m/0001642004.html