家畜人ヤプー_japonisme
奇書「家畜人ヤプー」覆面作家はどちら?・・・読売新聞(昭和57年(1982年)10月2日)

覆面作家と名指しされた倉田氏は東大法学部を卒業後、司法試験に合格 覆面作家と名指しされた倉田氏は東大法学部を卒業後、司法試験に合格。二十六年の東京地、家裁判事補を振り出しに長野地家裁飯田支部判事補、最高裁調査官、札幌高裁 […]

続きを読む
康芳夫_philosophy
滅亡のシナリオ(52):思いがけないニュース---「遺体は影武者だった」(2)

プロデュース(康芳夫) ノストラダムス(原作) ヒトラー(演出) 川尻徹(著)精神科医 川尻徹 思いがけないニュース---「遺体は影武者だった」(2) 夏が終わり、九月になって、中田は偶然、毎日新聞の海外欄の片隅に思いが […]

続きを読む
お知らせ
虚人奇談会 vol.5(ゲスト: 宇川直宏(DOMMUNE代表/現在美術家)・・・虚業家・康芳夫の生き様と新宿

虚人奇談会 vol.5(ゲスト: 宇川直宏(DOMMUNE代表/現在美術家)・・・虚業家・康芳夫の生き様と新宿 宇川直宏(DOMMUNE代表/現在美術家) --- 【虚人奇談会 vol.5】 伝説の虚人、巨人は今なにを見 […]

続きを読む
康芳夫_philosophy
ノールールの世界を相手にする:虚人のすすめ―無秩序(カオス)を生き抜け (集英社新書)より抜粋

ロス五輪に割り込んだ”騒動師”康氏:スポーツニッポン(昭和57年8月4日) ノールールの世界を相手にする 私は興行の世界に長らく身をおいてきた。いわゆる「呼び屋」稼業というやつだ。その中では世間をあっと驚かすようなことも […]

続きを読む
康芳夫_philosophy
猪木・アリ戦(6):アリの深い警戒心と猪木の純粋な動機・・・3

猪木・アリ戦(6):アリの深い警戒心と猪木の純粋な動機・・・3 つまり、これが「世紀の凡戦」の真相だ。やはり純粋にプロレス対ボクシングを極めようとした猪木の思いが、この結果につながったのだ。要するにアリたちが最初から想定 […]

続きを読む
家畜人ヤプー_japonisme
奇書「家畜人ヤプー」覆面作家はどちら?・・・読売新聞(昭和57年(1982年)10月2日)

どのような理由で手紙のあて先を私たちの家にされたかは、聞いてません 森下氏が文通する際、とりついでもらったという長野地家裁飯田支部の事務官A氏(五八)は、二日は自宅を留守にしていたが、同氏の妻は読売新聞社の取材に対し「倉 […]

続きを読む
家畜人ヤプー_japonisme
奇書「家畜人ヤプー」覆面作家はどちら?・・・読売新聞(昭和57年(1982年)10月2日)

”森下説”に真っ向から反論、真相は”ヤブの中”へ 倒錯した性の世界を描き、戦後文学界に大きな衝撃を与えたといわれる奇書「家畜人ヤプー」の作者は「沼正三」というペンネームだけで全くナゾに包まれていたが、二日発売の月刊誌「諸 […]

続きを読む
康芳夫_philosophy
滅亡のシナリオ(51):思いがけないニュース---「遺体は影武者だった」(1)

プロデュース(康芳夫) ノストラダムス(原作) ヒトラー(演出) 川尻徹(著)精神科医 川尻徹 思いがけないニュース---「遺体は影武者だった」(1) 「待てよ。この川尻博士は精神科医だというんだろ。精神病患者を診察して […]

続きを読む
家畜人ヤプー_japonisme
奇書「家畜人ヤプー」覆面作家はどちら?・・・読売新聞(昭和57年(1982年)10月2日)

この小説は倉田氏が長野地家裁飯田支部の判事補をしていた昭和三十年から三十四年にかけて執筆した 森下氏は五十三年になって、文通のあて先に電話したところ、手紙を取り次いだ人は長野地家裁飯田支部の事務官で、「倉田」なる人物は、 […]

続きを読む
康芳夫_philosophy
ビジネス系ベストセラーはゴミ箱へ捨てろ:虚人のすすめ―無秩序(カオス)を生き抜け (集英社新書)より抜粋

ビジネス系ベストセラーはゴミ箱へ捨てろ 出版界が不況と言われるようになって久しい。ITや携帯電話の出現に押されて構造的な不況業種になってしまったのだ。 そんな出版の世界にもベストセラーいう花は相変わらず、咲き続けている。 […]

続きを読む