康芳夫_philosophy
虚業家宣言(134):いよいよ訓練開始(1)

いよいよ訓練開始(1) そこで、一応資金のメドもつき、英国側のOKも出た七月中旬、私は隊員募集の新聞広告を出したわけだ。 いや、来たのなんの、ホテル・ニュージャパンの私の事務所の電話は一日中、鳴りっ放し。 履歴書郵送と広 […]

続きを読む
家畜人ヤプー_japonisme
『龍彦親王航海記:澁澤龍彦伝』白水社( 礒崎純一:著)そして雑誌『血と 薔薇』掲載、家畜人ヤプーをめぐって

『龍彦親王航海記:澁澤龍彦伝』白水社( 礒崎純一:著)そして雑誌『血と 薔薇』掲載、家畜人ヤプーをめぐって 週刊文春、昨年度12/26号「私の読書日記:立花隆」が『龍彦親王航海記:澁澤龍彦伝』第VI章ホモ・エロティクスに […]

続きを読む
家畜人ヤプー_japonisme
逆ユートピアの栄光と悲惨:家畜人ヤプー解説(前田宗男)より・・・7

逆ユートピアの栄光と悲惨・・・7 このほか、イース帝国に展開される想像を絶した珍風俗や、怪奇な科学技術は枚挙にいとまないほどだが、詳しくは、本文について見られたい。 われわれ自身が、人類以外の生物に加えてきた殺戮と崎形化 […]

続きを読む
康芳夫_philosophy
武漢新型コロナウイルス

世界中が注目している武漢・新型コロナウイルス 世界中が注目している武漢・新型コロナウイルスに関して冷やかし半分SF的予断は決して許されるものではないが、若し、新型ウイルスが中国の生物(細菌)兵器研究機関からなんらかの理由 […]

続きを読む
康芳夫_philosophy
『虚人魁人 康芳夫 国際暗黒プロデューサーの自伝』(63):実感主義−−−身体で覚える・・・1

虚人魁人 康芳夫 国際暗黒プロデューサーの自伝/康芳夫(著)より 実感主義−−−身体で覚える(1) これらの経験は貴重な私の財産になっている。この時感じた、「実感主義」がいまでも私の基礎となっているのだ。たとえば「中国人 […]

続きを読む
康芳夫_philosophy
坪内祐三さんを悼む

坪内祐三さんを悼む ほんとうにびっくりしたぜ。 それにしても貴兄早過ぎだよ。 想い起こせば小生貴兄ならびに亡き父君とはそれなりに込み入ったコミュニケーションがあったが、貴兄広く文化界において特殊なコミュニケーティングプロ […]

続きを読む
康芳夫_philosophy
虚業家宣言(135):いよいよ訓練開始(2)

いよいよ訓練開始(2) 英国の新聞が何と書こうと、朝日新聞がどう非難しようと、この応募者の数、熱意。 これが答えだ!私はそう叫びたかった。 《結婚して六年目、子供もいないし、夫婦生活もマンネリ。何か現在の生活のワクを突き […]

続きを読む
康芳夫_philosophy
虚業家宣言(132):執拗な朝日の批判(1)

執拗な朝日の批判(1) 一月に計画を『共同通信』にスッパ抜かれ、八月十一日に正式に発表するまでの半年の間、資金計画は極めて順調にすすんでいた。先に書いたように、あるニューヨークの実業家が六千万円、その他、ポケット・マネー […]

続きを読む
家畜人ヤプー_japonisme
沼正三のプロペラ航空機:劇的な人生こそ真実(萩原朔美:著)より・・・18

劇的な人生こそ真実―私が逢った昭和の異才たち 沼正三のプロペラ航空機・・・18 おそらく、象徴でも比喩でもなく感覚のなにかではないだろうか。脚の伸び具合。角度。ハイヒールの形状。曲線の陰影。ミニチュアのような流線型の機体 […]

続きを読む
康芳夫_philosophy
虚業家宣言(133):執拗な朝日の批判(2)

執拗な朝日の批判(2) そこへ、あの朝日の”キャンペーン”である。さすがに朝日の影響力というのはバカにならない。ほぼ決まりかけていたスポンサーの何人かは、動揺した。少なくとも名前は出さないでくれと言い出した社が三社あった […]

続きを読む