康芳夫_philosophy
ボリショイ・サーカスの裏にあった国際的陰謀:虚人のすすめ―無秩序(カオス)を生き抜け (集英社新書)より抜粋

証言で綴る日本のジャズ3 康 芳夫 第6話「アート・ライフを設立」:小川隆夫 ボリショイ・サーカスの裏にあった国際的陰謀 呼び屋として一躍神彰の名を揚げたのはボリショイ・サーカスであった。初めてポリショイ・サーカスを呼ん […]

続きを読む
康芳夫_philosophy
靖国神社宮司暴言問題

靖国神社宮司暴言問題 靖国神社の前宮司が事もあろうに平成天皇に不敬極まる暴言をはいた。 当然のこととして、その結果彼は辞職することになったが。 つまるところ平成天皇が、種々の国事行為に精を出す一方で肝心の靖国参拝に出向か […]

続きを読む
康芳夫_philosophy
虚業家宣言(98):来日中止騒ぎの真相(2)

来日中止騒ぎの真相(2) ところが、それからわずか四日後の十二月二十一日、ゴードン・ミルズは、前言を取り消して、来日することにしたと再発表。利益の一部を児童福祉施設に寄付することにしたという。 これで、また人気が盛り上が […]

続きを読む
家畜人ヤプー_japonisme
畜権神授説・沼正三『家畜人ヤプー』と日本神話の脱構築:巽孝之・・・その7

石ノ森章太郎らが描いた「家畜人ヤプー」全4巻が電子書籍に(2014年4月1日) --- 家畜人ヤプー登場人物&ヤプー図鑑:石ノ森章太郎(監修&作)「劇画家畜人ヤプー」電子版より 【瀬部麟一郎(せべ りんいちろう)】:物語 […]

続きを読む
康芳夫_philosophy
それにしても「新潮45」休刊(廃刊)は右派論壇にとって大きな痛手となったことは間違いない

それにしても「新潮45」休刊(廃刊)は右派論壇にとって大きな痛手となったことは間違いない 総裁選、反安倍・石破茂大善戦「新潮45」LGBT特集のトラブルで休刊(廃刊)、沖縄県知事選、革新派勝利(小沢一郎の首、やっと繋がる […]

続きを読む
家畜人ヤプー_japonisme
畜権神授説・沼正三『家畜人ヤプー』と日本神話の脱構築:巽孝之・・・その8

隠遁作家のパフォーマティヴ:畜権神授説・沼正三『家畜人ヤプー』と日本神話の脱構築:巽孝之・・・その8 もっとも、ことがたんに人種問題に終始するなら、『家畜人ヤプー』という小説もさほど刺激をもたらさず、たんに現代版『ガリバ […]

続きを読む
康芳夫_philosophy
滅亡のシナリオ(62):ソ連侵攻は予言どおり「かに座」の日に開始された(3)

プロデュース(康芳夫) ノストラダムス(原作) ヒトラー(演出) 川尻徹(著)精神科医 川尻徹 ソ連侵攻は予言どおり「かに座」の日に開始された(3) 実体のヒトラーは、キリスト教徒が憎み恐れる共産主義者たちをナチが打倒し […]

続きを読む
康芳夫_philosophy
実は、オリバー君が羽田空港に降り立つ二ヶ月ほど前にすでにオリバー君の存在は日本でも報道されていた

実は、オリバー君が羽田空港に降り立つ二ヶ月ほど前にすでにオリバー君の存在は日本でも報道されていた いや、日本だけでなく、アメリカを代表する通信社APを始めとする新聞各社、アメリカ三大テレビネットワーク各局などでも大々的に […]

続きを読む
家畜人ヤプー_japonisme
畜権神授説・沼正三『家畜人ヤプー』と日本神話の脱構築:巽孝之・・・その10

隠遁作家のパフォーマティヴ:畜権神授説・沼正三『家畜人ヤプー』と日本神話の脱構築:巽孝之・・・その10 いっぽう『ヤプー』完結編が物語るのは、当の麟一郎が地球への帰還を断念し(第三次世界大戦を経て日本が消滅することを彼は […]

続きを読む
康芳夫_philosophy
変人偏屈列伝:オリバー君の花嫁

オリバー君の花嫁 花嫁だよ 人間の女性と オリバー君の性生活を実況するんだ 荒木飛呂彦君が、小生の生涯を劇画にしている。 変人偏屈列伝 (集英社文庫) 実在の変人偏屈たちを漫画化 全原作 荒木飛呂彦!!自分の信念を曲げな […]

続きを読む