康芳夫_philosophy
罰あたりパラダイス:福田和也(文)・・・1

罰あたりパラダイス:福田和也(文)・・・1 豪奢な魑魅魍魎を招く夜。遊び続けることの困難を想いつつ、遊ぶ愉しさよ 金融不況の行く末や文芸批評の低迷などに胸痛める阿呆らしくなり、私淑する康芳夫大人と、気鋭の超小説家・町田康 […]

続きを読む
康芳夫_philosophy
罰あたりパラダイス:福田和也(文)・・・2

罰あたりパラダイス:福田和也(文)・・・2 康芳夫さんは、常々「あの」という接頭辞をつけて呼ばれる大人物である。60年代に、セロ二アス・モンク、マイルス・デイビス、ジョン・コルトレーンを招聘し、さらにはネッシーの探索、オ […]

続きを読む
康芳夫_philosophy
罰あたりパラダイス:福田和也(文)・・・4

罰あたりパラダイス:福田和也(文)・・・4 ちょっと僕らの遊びと康さんのとはスケールが違うけれど、毎日の仕事といった支えをもたない、持つことの出来ない人間の、世間とは逆向きの勤勉さというものがあり、その勤勉な遊びという奴 […]

続きを読む
康芳夫_philosophy
罰あたりパラダイス:福田和也(文)・・・3

罰あたりパラダイス:福田和也(文)・・・3 「でも、町田さんの凄さっていうのは、やっぱり遊びってことがよくわかってるって事ですよね」とオレが話をそらした。町田さんは、小説集と相前後して出したエッセイ集『へらへらぼっちゃん […]

続きを読む