康芳夫_philosophy
虚人になることで突破口を見つける:虚人のすすめ―無秩序(カオス)を生き抜け (集英社新書)より抜粋

虎と空手武道家の死闘ショー:東京中日新聞(昭和52年1月6日 木曜日) 虚人になることで突破口を見つける 自分だけの道を見つけること、その一つの方法は私流の言葉で言うと、「虚人」になることである。 そもそも虚業とは、「一 […]

続きを読む
康芳夫_philosophy
人生論に惑わせる人々:虚人のすすめ―無秩序(カオス)を生き抜け (集英社新書)より抜粋

ロス五輪に割り込んだ”騒動師”康氏:スポーツニッポン(昭和57年8月4日) 人生論に惑わせる人々 権威をぶち壊し、社会を撃ち抜く。巨きな力が抱える問題や病理に敢然と立ち向かい、ときに世間の常識をユーモアをもって引っくり返 […]

続きを読む
康芳夫_philosophy
精神を究極の柔らかさまでもっていく:虚人のすすめ―無秩序(カオス)を生き抜け (集英社新書)より抜粋

精神を究極の柔らかさまでもっていく 悪魔をも受け入れるほどの器を持っていないと虚人にはなれない。精神がそこまで柔軟でないと、世間を真にびっくりさせるようなことはできない。 虚人のみならず、どんな仕事においても精神は柔らか […]

続きを読む
康芳夫_philosophy
ビジネス系ベストセラーはゴミ箱へ捨てろ:虚人のすすめ―無秩序(カオス)を生き抜け (集英社新書)より抜粋

ビジネス系ベストセラーはゴミ箱へ捨てろ 出版界が不況と言われるようになって久しい。ITや携帯電話の出現に押されて構造的な不況業種になってしまったのだ。 そんな出版の世界にもベストセラーいう花は相変わらず、咲き続けている。 […]

続きを読む
康芳夫_philosophy
新しい人類を日本に連れてくる:虚人のすすめ―無秩序(カオス)を生き抜け (集英社新書)より抜粋

  オリバー様ご一行七月ご来日:ギャラ1日300万円 初外遊 警戒も元首並みで・・・・ 新しい人類を日本に連れてくる 一九七六(昭和五一)年七月、日が西に傾き始めたころ、羽田空港に着陸したフライングタイガー社の […]

続きを読む
康芳夫_philosophy
知識人は香具師である:虚人のすすめ―無秩序(カオス)を生き抜け (集英社新書)より抜粋

真贋に挑む男 康芳夫:STUDIO VOICE JULY 1987 VOL.139 知識人は香具師である 多くの人生論が答えを安易に示すのに対し、答えよりもむしろ考える過程を大事にするのが、思想や哲学といったものだろう。 […]

続きを読む